2023~2024年度 クラブ基本方針

クラブテーマ

「クラブに変化をもたらしましょう!」

 本年度、ゴードンR.マッキナリー国際ロータリー会長はRIテーマを「世界に希望を生み出そう」と提唱されました。世界の主要都市で発生したポリオ、また、ロシアが始めた残忍な戦争、新型コロナウイルス流行など世界中の多くの人々が傷ついています。そのような状況であるからこそ新たな始まりを作り出し、希望を取り戻すことが大切であり、それこそがロータリーが世界により良い変化をもたらす方法であると唱えています。

 また、2570地区の高丹秀篤ガバナーは“希望を語ろう”-We are Rotary together- をテーマとされました。クラブや地区の連帯感をより一層高め、個々がロータリーを楽しみ、感じ、学ぶことが世界や地域社会への貢献に繋がります。そして、これまでのアイデアや取り組みを前進させるためには変化することが必要であると述べています。

 そしてそれらを踏まえ、2023~2024年度入間南ロータリークラブではクラブテーマを「クラブに変化をもたらしましょう!」と定めました。2023年は本当の意味でのポストコロナ元年が始まります。コロナ以前よりクラブが進化するために、いままさに変化を起こすという意思が必要です。33年間培ったクラブの良さを土台として、固定観念にとらわれずに今を問い直し、クラブにより良い変化をもたらすことで、不確実な未来に希望を見出すことが出来るのではないでしょうか?そのためには2つのことが重要であると考えます。

1.未来への方針を決めましょう!

私はこのクラブの良さは団結力だと感じています。過去に開催したIMや周年記念式典などをみても、一つの目的を明確化し、その成功に向けて突き進む力は驚異的で、関わる人に感動を与えるものでした。しかしながら、いま私たちのクラブは中長期的な方針が定まっていない状況です。新しい未来をデザインするためにまずは十分な議論を行い、みんなに公平で、みんなの為になるクラブ方針を策定しましょう。

2.実践しましょう!

私たちは既に行動するために必要な五大奉仕の多くの素晴らしいメニューを持っています。こども太鼓プロジェクトなど新たに有効な事業も育みつつあります。明確なクラブ方針のもとで親睦を深め、かつ奉仕を実践することで、更に個々の事業が磨かれ、クラブを超えた拡がりを生み出し、この地域に必要不可欠なクラブになることは間違いないと思います。そんな希望溢れる未来に向けて、まずは一歩を踏み出しましょう。

楽しく充実した一年にするために、クラブの新たなニーズも取り込みながら、バランスの取れたクラブ運営に邁進して参ります。会員の皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。

委員会重点事項

1.クラブ奉仕部門委員会

・例会出席率が向上するよう会員間のコミュニケーションを深め、また、クラブの知名度を上げるための情報発信を行う。

・会員の連帯感を深め、親睦のネットワークを拡げる活動を行う。

・会員が例会に出席したくなるような、充実したプログラムを編成する。

・入会候補者を発掘し、ロータリークラブの良さを知っていただき、一人でも多くの新会員を増強する。

・ロータリーの友をはじめ、タイムリーな情報伝達を通し、会員研修の実践の場とする。

2.職業奉仕部門委員会

・四つのテストを念頭に、会員個々の職業倫理を高め地域社会に貢献する。

3.社会奉仕部門委員会

・万燈まつりや子ども太鼓プロジェクト、フードバンク支援などの既存事業の更なる進化を図り、地域社会に貢献する。

4.国際奉仕部門委員会

・国際理解、平和の推進に繋がる新たなプロジェクトを実践する。

・ロータリー財団の活用や米山記念奨学生への積極的な支援を行う。

5.青少年奉仕部門委員会

・インターアクトクラブへの積極的な支援を行い、青少年交換留学生の受け入れ実現のための活動を行う。

6.クラブ方針策定委員会

・より良いクラブと地域の創造のための中長期戦略計画を検討し方針を策定する。